2018年09月22日

有村架純

有村架純が9月21日、主演映画「コーヒーが冷めないうちに」の舞台挨拶に出席しました。

「コーヒーが冷めないうちに」は、望んだ通りの時間に戻ることができる

喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台に繰り広げられる映画。

有村は、タイムスリップのきっかけとなるコーヒーを

いれる主人公、時田数(ときた・かず)を演じます。


インタビューで作品にちなんで「人生が変わった瞬間」を聞かれると、

有村は中学3年生のときに見たドラマに影響を受けて女優を志望し、

高校生のときにオーディションで芸能界入りしたことを語りました。

「それがなかったら今ここにはいないと思います」と話し、

憧れの女優として活動できていることに「毎日が夢のようです」と語った。


【こんな話を聞く度に、運命の神様はいるんだなぁと思います。
 あとは、それに気がつくかどうか。有村架純ちゃんみたいにね。】
posted by 芸能三郎 at 11:29| 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする